インペリアルサガリセマラの当りキャラ

呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん

ゆ~です。

無課金ならリセマラがかなり重要な要素になるので当たりキャラなんかをまとめてみました。

ちなみにキャラの当りの有無はキャラの特性で決まります、キャラの特徴はコチラのページを参考に。

インペリアルサガキャラの特徴

追記

最新のキャラランキングはコチラです

インペリアルサガのリセマラするならこのキャラがオススメ

リセマラの当り

当りキャラの特徴

基本的にリセマラで重視するのは攻撃力だろう、現状術タイプは使える術が無い為あまりお勧めしない。

使える術も無いわけではないのだが術法研究所の増築が必要で、まともに使える術は中盤以降でないと使用不可の為、序盤に使いやすい攻撃重視のキャラがいいだろう。

防御タイプなのだが、基本的に最前衛はLPが無限の皇帝が行うのが効率がよく、防御特化のレアリティ戦士が適任の為、防御タイプはあまり必要ない。

なので必然的に攻撃タイプのキャラが欲しいのだが攻撃タイプも中衛と後衛がある。

出来れば器用に使える中衛よりも火力のでる後衛タイプが望ましい。

高ランクキャラは防御力が低くてもHPは高い為後衛に置いた場合遠距離攻撃での事故も少ないので、一番使い勝手がいい。

なので、当りキャラは攻撃力が高いキャラだろう、次点で素早さの高さも重要だが、攻撃力の低いキャラでは意味がない。

具体的な数値で言うと30以上は欲しいところだ。

 

むしろ一番の要素は武器だったりするのだが…

特に全体攻撃持ちの武器が有効になる。

高火力キャラこそ全体持ちの武器が特に重要だ、現状全体攻撃のない武器としては

槍、大剣、体術だ

その中でも大剣は範囲攻撃を覚えるのが早い為まだましだが、槍は範囲攻撃を覚えるのが少し遅く、体術に至っては範囲攻撃が無い。

棍棒は全体攻撃があるが取得が遅いので、その点を考えると大剣の方がいいのかもしれない。

全体攻撃を覚えて使えるのが

剣、弓、小剣、斧だろう

その中でも一番いいのが剣だろう

全体攻撃もあり、範囲攻撃もあって使い勝手がいい。

弓は一番早く全体攻撃を覚える事が出来、全体攻撃も2種類あるので使いやすいだろう

次点で小剣か斧

この2つは全体攻撃を覚えるのが少し遅い、また、小剣の方が命中が高いので斧よりかは小剣の方がいいのかもしれない。

 

では、実際に誰が当たりなのかレアリティ別に見てみよう。

現状で当りと思われるキャラ一覧

レアリティ皇帝

ジェラール

最高の当りキャラ攻撃すばやさが高く武器が剣

ハリード

1、2位を争う攻撃力を持った剣使い

もしかするとジェラールよりもハリードの方がいいのかも…

レオン

小剣だが攻撃力が高い、次回アップデート後使用可能

アルベルト

少し防御よりなのが気になるが攻撃の初期値が高く何と言っても武器が剣

クローディア

攻撃とすばやさの高い弓兵

ヘクター

大剣だが攻撃力がピカイチ範囲攻撃を覚えれば使えるだろう

 

ケルート

すばやさが低いのがちょっと気になるが攻撃・防御に優れる斧使い

次点
エレン

攻撃は少し低いが素早さの高い斧使い

テレーズ

攻撃が低いが弓使いなので状況によってはあり

おまけ
ヴィクトール

こちらも次回アップデート後のキャラ

オール34と言う驚異的なステータスを持つがなぜか武器が槍

流し斬りが完全に…

はっきり言って意味が分からない!!

早い段階でレアキャラに登場させるのは評価するが

なぜ大剣じゃないのか!?原作レイプもいいところだろう、ヴィジュアルもヴィクトールっぽくない…いったいなぜなのか…

レアリティ王

ロビン

王の中では大当たり攻撃とすばやさが高い後衛タイプ特に全体攻撃と相性がいい小剣使い

 

フランクリン

攻撃と防御の高い中衛タイプで使い勝手が非常に良い斧使い

 

タチアナ

こちらも攻撃と防御の高い中衛タイプで使い勝手が非常に良い小剣使い

 

次点
ガラハド

大剣使いだが攻撃が高いのでまぁ場合によっちゃあり

 

王は取り合えずそこそこ出るので、防御タイプとかは書きませんでした。

防御タイプも使えるので他のキャラと合わせて吟味すればいいでしょう。

リセマラのやり方

攻略wikiの方に書いてあるからわざわざ書くよりたぶんそっちのページ見てもらった方が早いと思う。

インペリアルサガ攻略wiki【効率的リセマラ方法】のページ

スポンサーリンク

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

アクセス数

  • 31899現在の記事:
  • 783817総閲覧数:
  • 56今日の閲覧数:
  • 342877総訪問者数:

スポンサーリンク

最近のコメント

このページの先頭へ